交際を躊躇しない女性たち

この頃の若者というのは、セックスをすることに対して抵抗を感じない人がとても多いです。
ですから、お金を稼ぐためであれば、援助交際をすることも躊躇わないという女性だって多くなってきています。

また、インターネットでの出会いに抵抗を感じなかったり、一緒にいて楽しければセックスをしてもいいと考えている若い女性も多いですね。
ですから、出会いを探していたり、都合のいい関係を望んでいる男性にとって、とても良い時代になってきているといえるでしょう。

女性というのは、セックスをしたことで快感を感じると、その会館に依存するという人が多いです。

例えば、私の場合、援助交際をした女性は、大体彼氏がいました。
彼女たちは、お金を手に入れるために援助交際をしていたわけですが、その中には私との体の相性が抜群だった子もいます。
実際、セックスをしたときに、かなり気持ちよさそうにしていました。

彼女はその時に快感を忘れることができず、お金ではなく快楽を優先して、私と援助交際ではなくセフレの関係にないrました。
このように援助交際からスタートしたとしても、セフレに発展をする可能性はあるのです。
ですから、援助交際でも、女性に快感を与えるようにしてみてください。
そうすれば、貴方も援助交際の相手とセフレになることができるかもしれません。

ネットゲームにはまり込む

何か一つのことにハマってしまうという人も結構多いです。
このようにハマりやすい人というのは、ゲームをした場合、そのゲームにはまりこむということも珍しくありません。
どれくらいハマるのかによっても変わってきますが、ハマりすぎていると、他のことに意識を向けることができず、依存症や中毒のような状態になってしまいます。

女性で依存をすることが多い人の場合、こちらに興味を持たせることができれば、自分に依存をするようになる可能性が高くなります。
ネットゲームにはまりこんでいる女性というのは、依存しやすい性格の人ということになります。
また、ネット上で人とコミュニケーションをするのが好きだということになりますから、やり取りもしやすいでしょう。

このように依存しやすい女性と仲良くなっていけば、ゲームの中で疑似恋愛を楽しむようにすれば、リアルのあなたにも興味を持つようになりやすくなります。

そして、ネットゲームの中で援助交際をすることによって、相手の依存度を高めやすくすることができるようになります。
ネットゲームの中で援助交際というのは、どのようなことなのかというと、ネット内の通貨を上げたり、レア装備をプレゼントしたりするという方法です。
自分から見れば、ネット内の通貨やアイテムには価値を感じないとしても、ネットゲームに依存をしている女性からすれば、とても魅力的なものなのです。

相手と飲み会をすることも

援助交際は女性に対して男性がサポートをして、その報酬として肉体関係になります。
お金を援助するというものが多いですが、女性によっては別のものを希望してくるということもあります。

金銭ではなく別のものを望んでくれるほうが出費が小さくなったりすることもあります。

私が援助交際をした女性の中には、お金ではなく、お酒を奢ってほしいという女性がいました。
お金のやり取りをする援助交際と比べて、かなりお金がかからないのでとても助かりました。

彼女は男性とお酒を飲んで楽しみたいという考え方の女性でした。
ですから、別に高級なお酒ではなく、ビールでも構いませんし、居酒屋でも満足をしてくれました。

お酒を飲んで、彼女のテンションが上がって、ボディタッチをするようになったり、甘えてくるので、こちらもかなり癒されましたね。

そして、ホテルに行くと、さらに甘えてきて、キスを何度もしてきたり、かなり過激に甘えてきて、こちらの興奮をそそりましたね。
ホテル代を入れても、お酒を飲みに行くほうが半分くらいの出費で収まりましたし、満足できるセックスを楽しめたのでとても良かったですね。

交際相手を調教して楽しむ

お金を稼ぐために援助交際をしているという女性が多いです。
ですから、援助交際は女性にとって、お金を稼ぐための手段であり、割り切って男性と関係を持つということがほとんどです。
なので、援助交際をしていても、相手の男性に特別な感情を感じるようになることは基本的にありません。

ただ、男性側がどのようなセックスをするのかによっては、その限りではありません。
これは私の体験談なのですが、大学生の女性と援助交際をしていました。
その女性は別にセックスが好きだというわけではなく、どちらかというと淡白だというイメージが強かったです。

その女性と援助交際をしている時は、体中を弄んで、相手に快楽を与えるようにしていました。
自分の快楽よりも女性がいかに気持ちよくなるかに重点を置くようにしました。

何度もその女性にそのようなプレイをしていると、だんだん女性も体が快感を求めるようになっていきました。
そして、自分から腰を振るようになっていったんですね。

最初はとても淡白だったのに、最終的にはとてもスケベになっていきました。
このように、女性にどのようなセックスをするのかによって、相手を調教することができるんです。
相手に自分とのセックスは気持ちいいと思わせることができれば、援助交際ではなく、セフレにしていくことも可能です。

ムード作りを大事にしよう

インターネットを利用して、援助交際の相手を探していると、たまに一風変わっている人と援助交際をしたりするということもあります。

私は普段援助交際の相手を探す場合、本番行為なしの男性の中から相手を探すようにしています。
ですから、一般的な援助交際の相場よりは安くしているのですが、援助交際をしていると色々な男性がいるんですよね。

例えば、二人でアダルトDVDを見ながら、女性に手コキをしてほしいと要望をしてくる男性もいあm素。
もちろん本番行為をしないということだったので、その男性と会うことにしました。

待ち合わせ場所で待っていた男性は、どこにでもいるような男性だったのですが、とても落ち着いた雰囲気を出していました。

その男性とホテルに行って、その男性が持参したアダルトDVDを見ながら、その男性に手コキをしました。
男性が10分くらいで射精をしたのですが、アダルトDVDをみながら、男性の臭いを嗅いでいると、私もいつの間にか興奮をしていて、その男性とセックスしてしまいました。

自分がセックスをしたかったので、手コキのお金しかもらわなかったのですが、彼はもしかしたらこれが常套手段だったのかもしれませんね。
女性をその気になりやすい空気を作り出すのが上手なんだと思います。

疑似メイドプレイを楽しむ

基本的に女性に男性がお金を渡したりして、セックスをする関係のことを援助交際と言います。
ですが、援助交際でも相手によって、色々な内容があると思います。

これまでの私の援助交際体験の中には、ちょっと珍しい内容もありました。

その女性とは出会い系サイトで知り合ったのですが、女性のほうからゴム無しを希望してきました。
これまでの体験上、ゴムありを条件にしてくる女性ばかりでしたから、この時点でもかなり珍しかったですね。

待ち合わせ場所で、その女性を待っていると、なんとメイド服でやってきました。
ですから、援助交際というよりも、気持ち的にはイメクラに行ったか、メイドを雇ったような気持ちになりましたね。
メイド服で、かなり奉仕をしてくれたので、いつも以上に興奮を覚えました。
エッチをする時も、相手はメイドになりきっていて、自分のことをご主人様と言ってくれましたし、相手もかなり気持ちよさそうにしていました。
しかも最後は、中出しを懇願されましたね。

援助交際でも、相手の女性次第では、いつもとは違ったマニアックなプレイをすることだってできるんです。
ページ上部に